パレスサイドビルの全テナントで組織する共同防火・防災管理協議会の秋の総合消防訓練が、15日、ビル屋上などで実施されました。毎年春と秋の全国火災予・・VR2.jpg防運動(今回は3月1~7日)の時期に行う恒例イベントですが、今回は、東京消防庁が導入した国内初のVR(仮想現実)防災体験車が初登場=写真。映像や揺れを感じながら火災を疑似体験しました。

 午後2時30分に「震度6強の地震が発生した」との訓練開始を知らせる館内放送(日本語と英語)で訓練が始まりました。机の下に潜り込んで体を守る、揺れが収まったら火元の確認、緊急点検、被害状況の把握など初動措置を、それぞれのテナントで実施。続いて、9階で出火して延焼したことから、避難勧告放送が流れたのを受け、各テナントから非常階段などを使って1階まで避難しました。

 この後、屋上に集合して、屋上や西玄関 前に準備した様々なメニューの中から、それぞれチャレンジしていただきました。

 今年の〝目玉〟がVR防災体験。消防車くらいの大きさの車両に座席が8つ。座席に就くと、「ヘッドマウントディスプレイ」というゴーグルのようなもの装着します=写真。そして、座席の揺れ、足元の空気の噴出などで臨場感あふれる災害の世界を仮想体験できる仕組みです=写真。初めのうちは室内に煙が出始め、それでもまだ余裕で、周囲をキョロキョロ見たりしていますね(写真)。そこに、ド~ンと揺れが来て、ちょっと顔がゆがんだり・・・(写真)。煙や炎が激しくなると、思わず手で払おうとする人もいます(写真)。この間、約3分。

 実際に見える画面は、末尾2枚の写真のようなものです(メーカーのホームページより)。今回、体験したのも、この場面がありました。台所でコンロにかけた鍋の油に火が回り(1枚目)、あわてて水をかけたら炎がワーッと広がる(2枚目)様子が再現されます。かなりリアルですした。

 このほか、屋上では、屋内消火栓を使った放水訓練、消火器による初期消火訓練、麹町消防署員の指導によるAEDを使った心肺蘇生練煙体験ハウスなどに、参加者は熱心に取り組みました。

 今回の訓練にはテナントやビル関係者ら94社・団体の総勢361人が参加しました。みなさま、本当にお疲れさまでした。

・VR小2.jpg

comment(0) , trackback(0)

 東京五輪の開幕まで、この12日で、あと500日になり、各地で様々な催しが開かれています。そんな中の一つ、「オリンピック・パラリンピック報道写真展『TOKYO to TOKYO』」(毎日新聞社、千代田区共催)が12日から、千代田区役所内1階の千代田区民ホール(千代田区九段南1- 2-1)で開かれています。3月16日(土)まで、時間は9~19時(最終日は・IMG_20190312_123345小.jpg14時まで)。

 1964年の東京オリンピックから、リオ2016大会まで夏季大会を、日本人選手の活躍を中心に紹介するもの。大会概要、紙面、印象に残るシーンを組み合わせた大会ごとのパネルがズ・IMG_20190312_123421.jpgラリと並びます。毎日新聞の紙面を飾った写真約60点を中心に振り返ります。

 写真は東京オリンピックの開会式で入場行進する日本選手団の写真と紙面など。このほか、▽中学生で優勝したバルセロナ(1992年)の岩崎恭子選手=写真㊧▽日本が最多の金メダル16個を獲得したアテネ大会の北島康介選手(2004年)=写真㊧㊦=などの名シーンで、オリンピックの感動と興奮をお楽しみください。

 夏の大会ではありませんが、冬季オリンピック長野大会の聖火のトーチ(松明)など=写真末尾の手前=も展示。前回東京オリン・IMG_20190312_123757.jpgピックの時の聖火リレーの様子を紹介する写真のコーナーもあります=写真㊦

 問い合わせは毎日新聞社オリンピック・パラリンピック室03・3212・2908(平日10~18 時)。

・IMG_20190312_123900.jpg

comment(0) , trackback(0)

 植え込みになにやら蠢(うごめ)く影は・・・スズメの群れでした。

・IMG_20190104_122631.jpg 場所はパレスサイドビルから白山通りに出た、すぐ前のツツジの植え込みです写真㊧参照。

  写真㊤の撮影時刻は2018年12月12日午前7時40分21秒。朝、大手町駅から歩いて、丸紅側から横断歩道を渡ってビルの一橋口出入り口から入ろうとした際、植え込みがチュンチュン騒がしいので近づいてみたら、植え込みの葉っぱの間からわき出すように、スズメが次々に顔を出した瞬間です。さらに近づくと、植え込みの反対側の方に逃げ始め、順次、飛び立っていきました。100羽くらいはいたでしょうか。

 お目覚め時に、ちょっとびっくりさせてしまったようです。

 ここでスズメさんたちに遭遇するのはこの時だけではありません。証拠と言うとなんですが、末尾の2枚は2018年2月と2019年2月、いずれも17時過ぎです。こちらは、これからこの植え込みで眠ろうというところでしょうか。邪魔しないよう、そっと近づいて撮影しました。

 毎日朝夕、ほぼ同じ時刻にここを通りますが、毎日、必ず見かけるわけではありません。きっと、何カ所か、〝定宿〟をキープしていて、日々、場所を変えているのでしょう。冬の朝夕に見かけることが多いのは、日の出・日の入りの時刻の関係と思われます。基本、夜明けとともに目覚め、日没とともに寝るようですから。

 図鑑などによると、スズメの天敵は、猫やモズ、カラス、猛禽類、ヘビなどの爬虫類、イタチ、蜘蛛などが、いっぱいます。だから、電線にとまって寝るなんて悠長なことはしないんだそうです。

 環境省自然環境局の「生物多様性センター」のサイトに掲載されたレポート「第4回自然環境保全基礎調査 鳥類の集団繁殖地及び集団ねぐらの全国分布調査」(1994年、http://www.biodic.go.jp/reports/4-03/e000.html)に、次のような記述がありました。

  ねぐらはビルなどの人工物につくられることもあったが,そのほとんどは雑木林,竹林といった林地につくられていた(62%)。しかし,街路樹,孤立した木などにもつくられるなど,必ずしも大面積の林地を必要とするわけではなく,0.1ha以下といった小さな緑地にも多く記録された(57%)。また,集団ねぐらをつくるには葉をつけている樹木であることが重要で,落葉樹では落葉とともにねぐらが消滅するか,あるいは利用個体数がいちじるしく減少する。

 なるほど、こうした条件に、この植え込みも該当するということですね。確かに、ちょっと低すぎる気はしますが、葉っぱが密に全体を覆い、これなら天敵から護ってくれるのでしょう。都心ですから、地上にいる天敵でも、ヘビやイタチはまず、いないでしょうからね。

 もし、みなさんもスズメさんのねぐらを見つけたら、そっとしてあげてくださいね。

・・20180227夕_173037.jpg

・・20190220夕①.jpg

comment(0) , trackback(0)

 パレスサイドビルでは、東西エレベーター塔のトイレの個室が満室であることをLEDランプの点滅でお知らせする仕組みを導入します。実験的に5階東側男女トイレに設置しましたが、特に問題はなく、またご利用のみなさんから好評をいただいているので、3月中をめどに、ビル1階~9階の東西全トイレに導入します。

 仕組みはそれほど複雑ではありません。各個室にマグネットスイッチ(磁石を使い、くっつくと通電する)を取り付け、ドアが閉まると電線がつながるようにします。男女それぞれの個室が満室になって、全てのドアが閉まると、電気が流れます。これにより、男子トイレは小便器エリアと個室の境の壁、女子トイレは洗面所と個室の境の壁に取り付けたLEDランプが点滅して、満室であることを知らせます=写真

 パレスサイドビルはデザイン性と機能性の調和が特徴の一つです。エレベーター塔も、その白い独特の外観のほか、丸い壁に沿ってトイレを配置して、デザインとして、またスペースの効率的利用という点でも高評価を得ています。ただ、直線に配置されているトイレのように入り口側から見通せないため、奥まで行かないと空いている個室があるかないか、確認できないのが「弱点」でした。これからは、LEDランプが点滅していない限り、個室のどれかが空いているということになります。

 なお、これまで、女子トイレにのみ設置していた便座クリーナーを、今週から地下1階~9階の男子トイレにも設置しました=写真㊦。トイレットペーパーにシュッとスプレーのよ うに洗浄液をかけ、サーっと便座を拭いていただけます。

 パレスサイドビルでは、今後も利用者のみなさんの利便性向上に努めていきます。・IMG_20190225_092320小.jpg

comment(0) , trackback(0)

 2018年分の税金の確定申告の受け付けが18日(月)、全国の税務署で始まりました。これに合わせ、恒例の無料「街頭税務相談」(主催・麹町法人会、東京税理士会麹町支部)が20日まで、パレスサイドビル1階東側の正面玄関わきのフリースペースで開かれています。午前10時~午後4時、東京税理士会麹町支部の税理士さんが1日5人、3日間で延べ15人、交代で確定申告を中心に税金に関する諸々の相談に応じてくれます。

 確定申告が義務つけられている高額所得者でなくても、医療費が多くかかった、住宅ローンを組んだ、ボランティア団体やNGOに寄付したなど、申告すると税金が一部戻ってきます。2018年中に2カ所以上からの収入を得ていた人、20万円以上の原稿料などの副収入があった人、源泉徴収されていない退職金がある人などは確定申告しなければなりません。

 今回からは配偶者控除の制度が変更され、控除額が変わったほか、給与所得者の合計所得金額が1000万円を超える場合は配偶者控除の適用を受けられなくなりました。会社員は源泉徴収段階で処理されていますが、副業収入などで控除ゼロに該当したり、控除額が減ったりする方もいるかもしれないので、ご注意ください。

 また、今回から、ID・パスワードを事前に税務署で取得しておけば、国税電子申告・納税システム(e―Tax)で簡単に申告できるようになりました。スマートフォンやタブレット端末からでも申告できますから、なかなか便利。e―Taxなら、紙の書類で提出するのに比べ、源泉徴収票や医療費控除のための領収書などを提出する必要がないのも有難いですね(書類は家できちんと保管する必要はあります)。ID・パスワードは確定申告を提出する管轄税務署だけでなく、職場の近所など、どの税務署でも簡単に取得できます。

 そのほか、わからないことは「税務相談」でぜひお尋ねください。

 今年の確定申告の受付は、3月15日(金)までです。

comment(0) , trackback(0)

 寒波到来の今、とってもタイムリーな企画がパレスサイドビル地下1階西端の毎日ホール前のショーウインドーで・IMG_20190212_123021小.jpg行われています。「雪道の安全走行のために」という展示です=写真㊤。13日までなので、まだ見ていない方はお急ぎください。

 展示は、まず左端に「総論」のパネルがあり=写真㊧、「冬の道路では、冬用タイヤの装着やタイヤチェーンの携行をお忘れなく!」として、明らかにすべると認められる道路で冬用タイヤやタイヤチェーンの装着が義務付けられていて、「違反すると罰則の対象となることがあります」との警告とともに、「罰則=5万円以下の罰金」のほか、反則金が大型自動車などは7000円、普通・軽自動車は6000円となっていると書かれています。

 続いて、「注意」「急変」「橋上」「タイヤ」「重・IMG_20190212_122928小小.jpg体」「通報」「砂箱」「準備」という雪道を走る際の8つのキ ーワードのパネルが並び、その意味するところを説明。右端に全体を簡潔にまとめたパネルがあります=写真

 全部は紹介できませんが、例えば「タイヤ」のパネルでは「普段は余裕で上れる緩い坂。普通のタイヤの限界はすぐにやってきます。」、「渋滞」のパネルには「あなたのクルマが立ち往生すると、救急車などの緊急車両も立ち往生します。」の文字=写真㊦

 昨年の寒波では、福井県の国道8号で1500台もの車が立ち往生したという空前の大渋滞も起こって、日本中を驚かせました。雪に慣れているはずの雪国でも油断は禁物、まして雪に慣れていない都会のドライバーにとって、まさに危険がいっぱいです。

 雪道を走ろうという方、油断大敵、備えあれば憂いなし。パネル展を参考に安全運転を!

・IMG_20190212_123000小.jpg・IMG_20190212_122953小小.jpg

comment(0) , trackback(0)

 3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に東北・関東・東京地区から出場する9校の写真展がパレスサイドビル1階東正面玄関わきのフリースペースで開かれています=写真

 9校は、青森・八戸学院光星▽岩手・盛岡大付▽埼玉・春日部共栄▽千葉・習志野▽東京・国士舘▽神奈川・桐蔭学園▽同・横浜▽山梨学院▽茨城・石岡一。昨年の秋季大会を勝ち抜いた試合の場面や応援風景を収めた写真計約200点のほか、試合を伝える新聞記事などが展示されています。

 9校のうち石岡一は「21世紀枠」での選出。1910年に農学校として開校、1949年に現在の校名になり、全日制には普通科のほか、農業を学ぶ園芸科と庭づくりや公園計画などを学ぶ造園科があります。2018年夏の甲子園の金足農業(秋田)を連想しますね。実は、2018年秋の関東大会には出場していませんが、県大会3回戦で昨春のセンバツ16強の明秀日立に逆転勝ちし、準々決勝では昨夏の甲子園出場校の土浦日大に競り勝つなど、強豪私立校を倒し4強入り。さらに、春夏通じて5度の甲子園出場経験がある藤代との準決勝では、延長十三回、タイブレークの末、惜しくもサヨナラ負けを喫したとのこと。「公立の星」ということもあっての選出のようです。

 各校の健闘を期待しましょう。

 展示は14日まで。

・・P1小.jpg

・・P2小.jpg

comment(0) , trackback(0)

 今年も、鮮やかな色彩がパレスサイドビルの1階、地下1階にあふれていますす。1月14日から、ビル中央のコンコースの吹き抜けに登場した「ろうけつ染め」の展示パフォーマンス=写真。まだ外は寒い季節ですが、ビルの中は一足早く春がやってきたようです。展示は2月24日まで。

 ろうけつ染めは溶かしたろうで布地に模様を描き、染色後にろうを取り除く技法。天平の時代から今日まで脈々と・・IMG_20190121_122821.jpg受け継がれてきた伝統技法で、正倉院の御物にもあるそうです。

 この展示は、京都を拠点に活動し、日展に7回入選している染色家、岡田明彦さんの作品で、通常は衣服などの形をとる正絹紬の反物(幅約40センチ、長さ数メートル~30メートルほど)約30本をそのまま、広いスペースに飾るのが特徴です。

 2009年に毎日新聞大阪本社で個展を開き、2018年3月にはパレスサイドビルでも展示しました。今回はこれに続いて2回目になりますが、主催は「パレスサイドビル名店会」(岡田洋明会長=「ティールーム花」を運営する「さかえ㈱」社長)。季節感あふれる伝統の風習に触れてもらおうと、毎年、鯉のぼりや七夕飾りなどの展示をしていますが、今年は4月末~5月上旬が10連休になってビルも閉館になる日が多いため、5月5日に向けた鯉のぼりの展示を断念。鯉のぼりが、岐阜県の無形文化財に指定されている郡上八幡の染物店の名品ということで、染物の連想もあってか、今年は鯉のぼりに代わって、昨年好評だったろうけつ染めの展示をすることになったということです。・・IMG_20180322_124118.jpg

 作品は、虹のような雰囲気ですね。赤・橙・黄・緑・青・藍・紫という虹とは並び順が異なりますが、ビルの東側は紫、西側は緑、その間を黄や赤、オレンジなどのカラフルな色がつなぎ、美しいグラデーションになっています。昨年の展示は写真のような「横長」の展示でしたから、縦に吊るす今年の展示は、だいぶ趣が異なります。

 1月16日の毎日新聞朝刊の東京都内版に掲載された記事=写真末尾=の岡田さんのコメントをご紹介します。

 「吹き抜けでの展示なので、上、下、横、さまざまな角度から見られる。作品との距離も近いので楽しんでほしい」

comment(0) , trackback(0)

 パレスサイドビルに入居するテナントの皆さんとビル関係者、またテナント同士の絆を深めようと「パレスサイドビル賀詞交歓会」が1月22日、地下1階の毎日ホールで開かれ、テナントやビル関係者ら35社、87人が参加しました。

 テナントの皆さんとビル関係者が一堂に会しての新年の催しは7回目。東日本大震災を契機に、いざという時に助け合おうという機運の高まりを受け、2013年から開かれるようになりました。

交歓会は講演と懇親会の2部構成。第1部では毎日新聞の山田孝男特別編集委員が「2019年の政治と日本の針路」と題して講演=写真・IMG_20190122_172315 3.jpg。山田さんは政治部記者が長く、2007年から毎日新聞月曜朝刊2面に政治コラム「風知草」を連載。小泉純一郎元首相が脱原発派に転じた「決断」をスクープし、新たな原発論争を喚起するなど、鋭い問題提起型のコラムとして評価され、2014年にジャーナリズムの権威を高めた記者に贈られる「日本記者クラブ賞」を受賞されています。

 山田さんは講演で、「(安倍晋三首相が執心する)憲法改正は当面難しく、今年の最大のテーマは日露だ」として、米施政下に100万人が住んでいた沖縄とは違い、日本人が住んでいない北方領土への国民の関心が薄いことを指摘したうえで、「仮に『2島返還』で合意した場合、野党が『4島の方針と違うから解散しろ』と言ってきたら、衆院解散の可能性がある」との見方を披露。また、統一地方選で4知事選が保守分裂になり、また衆院補欠選挙(沖縄3区、大阪12区、4月21日投開票)も含めて与党には厳しい選挙が続くことを説明しました。

 今年は天皇退位・新天皇即位があることにも触れ、平成元年のリクルート事件や竹下内閣退陣、昭和2年の金融恐慌などを挙げて「元号の替わる年はいろんな問題が起こっている」として、「大きな変化に備えることが必要」と述べました。

 政治家の〝裏話〟を盛り込んで様々な問題をズバッと切る〝山田節〟に、参加された皆さんは、うなずいたりしながら熱心に耳を傾けていました。

 続く懇親会では、原敏郎・毎日ビルディング社長の挨拶と乾杯の発声の後、山田さんも交えて、名刺を交換したり、会社や自己紹介など、交流を深めました。

comment(0) , trackback(0)

 「世界遺産・富士山を、子どもたちにもっと身近に感じてもらおう」と、富士山をテーマした書き初めコンクール「富士山書き初め2019」(主催=毎日新聞社、認定NPO法人富士山世界遺産国民会議)の入賞作品展が、パレスサイドビル1階東玄関脇のフリースペースで開かれています=写真

 富士山は2013年6月に「世界文化遺産」に登録されましたが、未来に向け、この世界に誇る日本の文化遺産を守っていくためには、もっと多くの人が富士山に関心を持ち、後世に引き継いでいく活動に参加していくことが必要――そんな願いを込めて2018年に始まったもので、今年が2回目になります。

 小学生低学年の部、小学生高学年の部、中学生の部に、今回から高校生の部も加わり、それぞれ作品を募集。課題は、各部「ふじ」「日本一」▽「富士山」「雲海」▽「赤富士」「世界遺産」▽「霊峰富士」「いつまでも富士山を世界遺産に」でした。

 応募総数は計1万3264点にもなり、審査員(委員長=仲川恭司・毎日書道会理事、独立書人団理事長)が各部門の最優秀賞など各賞を選びました。

 展示されているのは、最優秀賞に輝いた▽和歌山県有田市立保田小2年・落合莉望さん▽千葉県佐倉市立志津小4年・桑原栞乃さん▽私立金城学院中3年・小池未歩さん▽兵庫県立芦屋高3年・藤川彩花さんの作品=写真など、各部門6作品、計24作品。どうです、なかなかの力作ぞろいですね。

 20日(日)にはパレスサイドビル地下1階・毎日ホールで表彰式も行われます。

 同展は23日(水)まで。入場無料。

comment(0) , trackback(0)

竹橋ガイド

calender

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

March 2019

category

カテゴリ

月別アーカイブ

eBook

  • 江戸城散歩2008年3月、毎日新聞掲載
  • 江戸城今昔ものがたり
  • 東京・竹橋 花図鑑
  • 東京・竹橋 続花図鑑
  • 東京・竹橋 新緑図鑑
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 原始〜江戸時代初期
  • 東京・竹橋 歴史絵巻 江戸時代前期〜現代
  • 東京・竹橋 国際図鑑
  • 東京・竹橋 アカデミー図鑑
  • 東京・竹橋 文学散歩
  • 東京・竹橋 紅葉図鑑
  • 東京・竹橋 歳時記
  • 東京・竹橋 さくら図鑑