ちょっとまえになりますが、パレスサイドビルでは11月8日に、毎年恒例、「火」のの安全を祈念する「ふいご祭り」を挙行しました=写真㊤。(写真の左端奥にボイラーが映っているのが分かりますか)

 「鞴」。これを「ふいご」と読み、「吹子」とも書くそうです。昔の金属の精錬や加工に欠かせない送風機です。金属を溶かすのに必要な高温を生み出すため、風を送り込んで火を燃え上がらせたのです。獣皮を縫い合わせた革袋などに始まり、気密性の箱の中のピストンを往復させて風を送り出すものなどへ進化していきました。ちなみに、足で踏む大型のものは「踏鞴(たたら)」と呼ばれます。

 ふいご祭りは、陰暦 11月8日、鞴を使う職人が、稲荷神社に詣でて鞴を清め、作業の無事を祈る行事でした。それが、鍛冶屋や鋳物師だけでなく火を扱う商売に広がり、近代化以降もボイラーなどのあるところで安全祈願の年中行事として行われるようになったということです。

 当ビルの鞴祭りは、東エレベーター塔の屋上階よりさらに上、ボイラーがある部屋の一角に祭壇を設け、隣駅・九段下近くの築土(つくど)神社の宮司さんに祝詞をあげていただきました。引き続き、ビル関係者、業務委託会社、協力会社のみなさんなど計約80人の参列者が玉20171108_152816.jpg串を奉奠しました。

 祭壇には大きな鯛、昆布、野菜、果物、お神酒などを、ちゃ~んとお供えしました=写真㊨

 式典の後、簡単に直会も催しましたが、お帰りの際に、参会者にミカンを配るのが、この祭りのお約束。このミカンを食べると風邪や麻疹(はしか)にかからないと言われ、昔は神社の門前で近所の子どもたちに、餅とともにミカンが振舞われたとか。なぜミカンなのか。一般的にはビタミンCでしょうか。ビタミンなんて知られていなかった昔でも、経験則で「予防にいい」ということだったんでしょうね。(ただ、ミカンは体を冷やすなどの作用があるので、風邪をひいた後には食べない方がいいようです)

 この1年、安全に、健康に過ごせますように。

comment(0) , trackback(0)

 突然ですが、クリスマスです。パレスサイドビルに、今年も恒例のクリスマスツリーが今20171114_124340.jpg週から、地下1階の中央廊下吹き抜けにお目見えしました。今年のコンセプトは、後ほどご説明しますが、パッと見の印象として、雪だなぁと感じる次第。

 全体像は写真㊨のような塩梅です。高さは今年はちょっと低くて5メートルくらい。テーマは「Nature Christmas(ネーチャークリスマス)」。北欧の森の中のイメージを演出すると いうことで、ツリーの東西両側に白樺を何本も排し、足元はふんわりした雪(もちろん、綿です)で覆い、雪の中にもLEDラ20171113_142854.jpgイトを配し、ツリーや白樺と共に、点滅ライトできらびやかに雰囲気を盛り上げます。もちろん、木と雪だけというわけにはいきませんから、全体にゴールド系のオーナメントを配して、ゴージャス感もさりげなく見せていますね。

 オーナメントにも雪の結晶をふんだんに取り入れ=写真㊧㊤、とりわけ、地下1階から1階に上がる夢の20171113_144253.jpg階段も、そんな「雪」で飾りました写真㊧㊦

 このほか、1階と地下1階の廊下の各店前の天井には「Merry Christmas 2017」の白抜きの文字をあしらったペナント=写真㊦㊧とリース、夢の階段の1階に上がったところの左右両側にも小ぶりのツリーを置きました=写真㊦㊨

 今年も残すところ1カ月半ちょっと。仕事も追い込み、その先に楽しいクリスマスや正月が待っています。オン・オフの気分を切り替え、盛り上がる時は、大いに弾けちゃいましょう。

 パレスサイドビルの近くにお越しの節は、是非、ツリーをご覧ください。

20171113_144416.jpg20171113_142614.jpg

comment(0) , trackback(0)

 「千代田区一斉清掃の日」の116日、パレスサイドビルも、館内テナントの従業員さんら総勢138人が参加し、暖かい秋の日差しの中、熱心にごみ拾いに、気持ちいい汗を流しました。今回は、ちょうど5日まで開催されていた2020東京五輪まで1000日の記念イベント「国旗デコレーション」の〝名残〟とでもいいますか、撤去が終わっていない旗が多く残っており、万国旗に見守られての作業になりました=写真㊤

 一斉清掃は、自分たちで街を美しくしようと、「千代区生活環境条例」に基づいて毎年6月と11月に行われています。パレスサイドビルも当初からずーっと参加しています。

 この日はきれいに晴れ上がり、絶好の「掃除日和」。午前8時、ビル西側玄関前に集合し、ビルが用意したごみを拾うはさみ(トング)20171106_081034.jpg、軍手、ごみ袋などを 手に、ビル周辺の植え込みや歩道などを回って、紙くず、吸い殻、空き缶・ペットボトルなどを、約30分、拾い集めました。内堀通りに面した「表側」だけでなく、高速道路側もきれいにしましたよ=写真㊨

 ごみ袋は東正面玄関前に集められ=写真㊦㊧、可燃ごみ、不燃ごみ、ビン、缶、ペットボトルなど5 リットルの袋15袋のもなりました。 今回目立ったのは傘。何本か、まとまったものもありました=写真㊦㊨。ごみとして、ルールに則って捨てていただきたいですね。

 一斉清掃にはNTTビジネスアソシエから50人、ファミリーマート26人、MS&ADシステムズ20人、ラクラス5人をはじめ、ビル社員、設備管理、清掃など計9事業所から参加をいただきました。

 協力してくださった皆さん、本当にお疲れ様でした。

 

comment(0) , trackback(0)

 2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、10月28日で1000日になり、パレスサイドビルでも、毎日新聞社による記念イベントが行われています。

 先週お伝えしたビルの南側に国際オリンピック委員会(IOC)加盟206カ国・地域の旗を掲げる「国旗デコレーション」に続き、リオデジャネイロ五輪の「オリンピック報道写真展」も始まっています。

 展示会場はパレスサイドビルの中央コンコースの1階・地下1階の吹く抜け部分。1階天井から、写真を印刷した5枚の大きな垂れ幕がつりさげられ=写真㊤、地・20171030_124313トリ.jpg下1階の通路中央部にはパネルに29枚の写真が展示されています=写真㊨

 垂れ幕は、真ん中に、2017年度の日本新聞協会賞に決まった「ボルトも驚がく」の大型写真(幅2メートル、高さ3メートル)、両脇に1.5×2メートルの垂れ幕をそれぞれ2枚を配しています。初の銀メダルを獲得したリオ五輪男子400メートルリレーの連続写真で、メインの写真はアンカーのケンブリッジ飛鳥選手の走りを、あのボルト選手が「信じられない」という表情でチラ見している瞬間をとらえた作品。他の4枚は、第1走者の山縣亮太選手、第2走者の飯塚翔太選書、第3走者桐生祥秀選手、さらにケンブリッジ選手のゴールの瞬間です。

 地下1階のパネルの方は、体操、バドミントン、テニス、卓球、レスリング、柔道、そしてパラリンピックの車いすバスケットやブラインドサッカーなど、リオの感動を思い出させてくれる写真が並んでいます。展示期間は11月11日まで。本来は休館する11月3日、5日も玄関を開けますので、写真展をご覧いただけます。写真展の開催時間は、平日10~21時、土日・祝日10~18時。入場はもちろん無料です。(11月3日、5日は原則として商店街の飲食店はお休みです)

 ビル南側の「国旗デコレーション」ですが、台風に備えて、29日に全部の旗を巻き上げました=写真㊦。こちらは、風の状況をみて、再び広げます。旗の掲示は11月5日まで。

comment(0) , trackback(0)

 2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、この10月28日で1000日になるのを記念したパレスサイドビルの「国旗デコレーション」(毎日新聞社主催)は、正式スタートの28日を前に、27日朝に作業化完了し、国際オリンピック委員会(IOC)加盟206カ国・地域のすべての旗が掲げられました。26日より、3階西側半分と2階一列の計51カ国・地域が増えました。

 本日は反対側の角度からの写真です。写真の左上の角が、オリンピック発祥の地、ギリシャです。その下がアフガニスタンで、あとは、縦にアルファベット順に並んでいます。オリンピック開会式の入場行進の順番ですね。そして、殿(しんがり)は開催国・日本ということで、写真㊤では右下になりますが、街路樹に隠れて見えません。

 ということで、末尾の写真は、昨日(26日)、24日に載せた写真と同じ角度の写真で、日の丸が右下にはっきり見えます。

 作業がどのように進んだかの記録が、毎日新聞の動画ニュースにあります。(https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20171024/k00/00e/040/292000c

 主な作業はつぎのような具合です。

 旗の掲示期間は11月5日まで。

 また、パレスサイドビル内の中央コンコースの1階・地下1階の吹く抜け部分では、「オリンピック報道写真展」も10月28日~11月11日、開催されます。2017年度の日本新聞協会賞に決まった「ボルトも驚がく」の大型写真をはじめとする約50点が展示されます。

comment(0) , trackback(0)

 2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、この10月28日で1000日になるのを記念したパレスサイドビル南側の「国旗デコレーション」(毎日新聞社主催)は、28日のスタートに向け、日々、旗が増えていっています。

 掲示作業は夜間に行われていて、23日夜から始まり、24日朝に50、25日朝に105、そして26日朝には3~7階に計155カ国・地域の旗が掲げられました。よく晴れたこの日、青空に映えて、なかなかこれいですね。

 最終的に、2階~7階に、国際オリンピック委員会(IOC)加盟206カ国・地域の旗が掲げられます。

 掲示期間は11月5日まで。

 また、パレスサイドビル内の中央コンコースの1階・地下1階の吹く抜け部分では、「オリンピック報道写真展」も10月28日~11月11日、開催されます。2017年度の日本新聞協会賞に決まった「ボルトも驚がく」の大型写真をはじめとする約50点が展示されます。

comment(0) , trackback(0)

 2020年東京オリンピック・パラリンピックまで、10月28日で1000日になります。これを記念し、五輪ムードを盛り上げようと、パレスサイドビルの南側窓のところに、「万国旗」が掲示されます。台風一過の23日夜から作業が始まり、24日朝に、まず第1陣として50カ国の旗が姿を現しました=写真㊤。下から見上げるとこんな感じ=写真㊨=で、窓の外側に、横210センチ、縦 140センチの布製の旗が紐で括りつけられています。20171024_122551.jpg

 毎日新聞社が1000日記念のイベントの一つ「国旗デコレーション」という企画です。ビル2階~7階に、国際オリンピック委員会(IOC)加盟206カ国・地域の旗を、一枚の漏れもなく掲げますよ。

 正式な掲示期間は「あと1000日」の10月28日から11月5日まで。28日のスタートに向け、夜間工事で日々、旗が増えていきます。

 また、パレスサイドビル内の中央コンコースの1階・地下1階の吹く抜け部分では、やはり1000日記念イベントとして、オリンピック報道写真展も開催され、2017年度の日本新聞協会賞に決まった「ボルトも驚がく」の大型写真をはじめとする約50点を展示します。こちらの期間は10月28日~11月11日。期間中、本来は休館する10月29日、11月3日、5日も玄関を開けますので、写真展をご覧いただけます。写真展の開催時間は、平日10~21時、土日・祝日10~18時)。入場はもちろん無料です。(10月29日、11月3日、5日は原則としてビル内の飲食店はお休みです)

comment(0) , trackback(0)

 インターネットのポータルサイト、Yahoo!の「映像トピックス」という動画を集めたコーナーに、パレスサイドビルが登場しました。(URLはhttps://videotopics.yahoo.co.jp/video/vtps/133825●DSC_8030トリ小.jpg

 「映像トピックス」の「オリジナル動画」で「渋イイビル」という新シリーズが始まり、有楽町の「東京交通会館」とともにその第1号として、取り上げられています。

 画像の監修は、都市、建築、鉄道、町歩き、食べ歩きなどをテーマに執筆・編集活動を行う鈴木伸子さん。実は、ほぼ1年前に鈴木さんの著作『シブいビル 高度成長期生まれ・東京のビルガイド』=写真㊨=が出版されていて、この本がベースになっての、今回の動画企画ということです。

 画像を拝見してみましょう。エレベーターホール、夢の階段、西玄関アンブレラ(大庇)が次々にア映し出され、「かっこいい」「昭和の」「ビル遺産」の文字が次々に現れます=写真㊦。続いてタイトル=一番上の写真=が登場。